気にかかることの糸口

生活の中で感じた気にかかることや疑問の解決の糸口

行事 イベント

母の日に高齢者へのプレゼントで喜ばれるものは何? 

2017/02/07

スポンサードリンク

毎年 母の日には「お母さんありがとう」を行ってきました。その母も年を重ねて「おばあちゃん」ですが、私にとってはいくつになっても「母」であることに変わりはありません。私自身も母になり、「はは」には点がついて「ばば」になりましたが、毎年何を贈ろうか頭を捻ります。具体的なお品選びの参考にはなりませんが、しばらくお付き合いいただければ嬉しいです。

スポンサードリンク
  

母の日に高齢者へのプレゼントで喜ばれるものは何?

「何か欲しいものある?」の問いに返ってくるのは「なんでもいいよ」「気持ちだけで十分だから」・・・「そうだ!七千万のダイヤモンドが欲しいなぁ~」などと、毎年の事ながら たわいもないやり取りを重ねています。

さて、一般的な提案ではなく少し違った角度から母の日ギフトを考えてみたいと思います。
ひとりひとり様々なバックグラウンドをお持ちで、育てられ方も考え方も違います。いろいろな家庭環境ですので、金銭的な事、親子関係の良し悪し等も考慮したうえで、プレゼントを選ぶとなればとても一言では片付けられません。贈る側、贈られる側それぞれに様々な事情があります。

一般的には母の日と言えば「カーネーション」。花屋さんの店先が真っ赤に染まります。花屋さん以外のお店屋さんは「母の日には○○」と自分の店で扱う母の日用に作られた商品を並べて仕掛けてきます。「お母さんに○○を」「母の日には○○」と、どこもかしこも母の日商戦。父の日に比べたらやはり母は強い(笑)。

沢山の商品が並ぶ中、実際母は何が欲しいのか?
カーネーションは花の好きな人はいいけれど「後の水やりなどの世話が面倒」とか・・・。ブリザードフラワーにしてみたら「枯れた 精気のない花か・・」と言われました。とか・・・。

言いたいことを言う母も世の中には大勢います。腹の立つような言い方をする母もいます。「プレゼントなんてしなきゃ良かった」とか「人の気持ちを考えてよぉ」とかって言いたくなることもありますね。

洋服を贈ったらこの色は・・このデザインは・・合うバッグがない・合わせる靴が・・等々。ひどいことは言われませんでしたが、着ているところを一度も見たことがない。尋ねれば「大事にしまってある」とか・・・。

現金や商品券は失礼というものの、街頭インタビューで「もらって一番うれしいのは?」の質問には「そりゃ現金が一番よぉ~」の回答。ますます何を贈ろうかしら・・・?

「一緒に過ごす時間」も離れて暮らしているのなら贈れますが、同居で毎日一緒なので・・・。など・・など。本当にケースバイケースですね。

自分にとっての母の日プランはオリジナルなものでしかないと割り切りましょう。『想う気持ちを形にする』という事なので、喜んでもらえそうなものを必死になって考えましょう。ありきたりの品物に落ち着いても良いでしょう。贈る気持ちが大切です。

さて実際、母の日にプレゼントを贈る時、どんなことを考えていますか? 形だけにとらわれていませんか? 贈る相手「おかあさん」の事をどれだけ考えていますか?

あなたが年を重ねるのと同じように「おかあさん」も年を重ねています。そして高齢になればなるほど、一年の重みは増してきます。身体のあちこちに調子の悪い所が増えたり、今まで出来ていたことが出来なくなったりしています。そのことに気づいていますか? 指の力がおとろえていたり、高い所のものが取れなくなっていたり、踏み台の上に登るのが怖いとか。一緒に住んでいれば、日常の中で気づきますが、離れていると案外気づかないものです。

見た目に背中や腰が丸くなってきた、白髪やシワが増えたという目に見えることは感じられても日常動作の中での不自由はなかなか気づくのが難しいです。

以前に比べて、テレビの音が大きくなっていたりしてませんか?何度も聞き返すようになったりしていませんか?耳が聞こえにくくなってませんか?  

以前はきれい好きだったのに、うっすらと埃が被った家具等ありませんか?針に糸が通せなくなったって言ってませんか?視力が弱っていませんか?

食事の後であれこれと薬を飲むようになっていませんか?血圧の事や夜中にトイレに起きる回数など話をしたことがありますか?

案外と知らないことがありませんか? 大切な「お母さん」のことなのに・・・。

軽くて履きやすい靴・杖・メガネ立て・補聴器・シルバーカー等、自分に関係がない物ってリストにも上がりません。

話を聞くこと、話をすることが何よりのプレゼントだったりします。高齢になると一人の時間が増えます。そして話をする相手が減っていきます。何度も同じ話をするかもしれません、???と話のつじつまが合わないことがあるかもしれません、でも話を聞いてくれる人がいると嬉しそうに話します。口数の少ない人は一緒にいるだけで良いんです。誰かが一緒にいてくれるということは、高齢者にとって嬉しい事の一つなのです。

母の日のプレゼントに添えるメッセージはどんな言葉?

取りあえず考えることは
・予算 
・関係性の現状 (離れて暮らすのか 頻繁に会っていないのかどうか 連絡は取っているのか)
・母の現状 (元々の性格 体調 足腰は大丈夫か 食事の制限や持病の有無 父との関係が良好かどうか 友達は? 親戚づきあいは?)

いろんなサイトでお勧め商品が挙げられていますが 自分の母親にそれが合うかどうかは考えてみないといけません。

体験型を贈っても、そもそも外に出るのが億劫で嫌いなら喜ばないし。高級食材のお取り寄せも「こんな贅沢なもの・・」と言われれば腹が立つし。

いろんなことを考えまくって、あの手この手で喜ぶ顔を想像して決めたのに・・・ってがっかりしないで下さい。

母は時間をかけて母になったのです。私の知らない時間を過ごしてきました。その時間の中で作られた母の性格、考え方を受け入れましょう。受け入れられなければ認めましょう。

管理人の祖母は戦争未亡人で、4人の娘を女手ひとつで育ててきました。そのためギリギリの生活をしていた時がありました。まだ私が幼い頃に、母は近所の人にお金を借りにいったり、給食費が払えなくて世話になった人がいたという話を聞きました。信じられない話でした。

知らないことが沢山です。聞いて驚くことが沢山です。聞くことが楽しくなりました。母と話す時間が増えました。うちって貧乏だったんだ。へーっ知らなかった。(笑) 知らなかったけど、親は苦労してたんだ。
ただ我が家は愛情だけはいっぱいかけて育ててもらいました。妹との会話で言葉に出るのは「そんなに裕福なうちではなかったけど、いつも両親がいて祖母がいて、ちゃんとご飯が食べられて、普通に学校に行けて、当たり前だけど幸せだったよね。」

感謝しかないですね。何度も耳鼻科に通ったり、額を縫う大怪我をしたり、毎日毎日のお弁当作り、就職で離れて暮らすときには見送りで泣かれたり・・・。遠い記憶の中に今更ながら感謝がいっぱいです。

ひとつひとつ想い出してみて下さい。言葉として贈れなくていいんです。文字として残せなくていいんです。想いが深まればそれで良いんです。「いつもありがとう」の短い言葉の中に込められる想いの深さが変わってきます。

出来れば手紙に出来ると良いけど 照れるしね・・・。一番喜ばれるのは分かっていても・・・。

母に対する想いが深まる日になれば良いですね。

今現在 お母さんの介護をされている方もいらっしゃるでしょう。大変な時間を過ごされている方もいらっしゃるでしょう。「なんで母が・・・」「どうして私ばっかり・・・」という想いに打ちのめされている方もいらっしゃるでしょう。

でも・・・母・・・なんですよ。あなたにとって大切な、たった一人の「お母さん」なんです。

母の日に考えてみよう親子の絆

自分が結婚して、子供が出来て、その子供が成長し初めてもらった「母の日」のプレゼント。あの日から、もう20年近くなりますが、感慨深いものがありました。何も教えていないのに、いろんな所から仕入れた情報を自分なりに考えてお年玉とお小遣いで買って贈ってくれたプレゼント。

プレゼントの品物より やはり気持ちが嬉しかった。ちゃんと育ってくれたことが嬉しかった。

「なんでもいいよ」「気持ちだけで十分だから」・・・やはり同じですね。年を重ねてもたぶん思いは変わらない。むしろ物欲が減っていった分、気持ちの占める割合が多くなっていく気がします。

親子だから母の日が出来る。誰にでも母はいますが、会える母と会えない母がいます。年を重ねるほどに会えない母が増えるので、せめてこちらの世界にいる間は親子を楽しみたいです。

『親は選べない』という説と『自分で親を選んできた』という説とありますが、本当はどうなんでしょう。いずれにせよ縁あって親子になり 人生というストーリをともに生きています。お互いに沢山の経験をともにし、沢山の学びをしてきたと思います。

親子の縁が濃い人、薄い人 いろいろですね。100組の親子がいれば100パターンの親子関係があります。今回の人生で悔いの残らないように、生きたいですね。命のバトンを繋いでくれたかけがえのない「お母さん」です。伝えることは「感謝」「ありがとう」以外にないですね。

まとめ

母の日に何を贈るか迷ったり 悩んだりするって 本当はとてもありがたい事なんです。お互いが生きてるからプレゼントを贈れるんですから。喜んでもらいたい。そして嬉しそうな笑顔を見て自分もまた嬉しい気持ちになる。幸せの循環ってステキですね。

母の母、私にとっての祖母はもうあちらの世界に旅立ってしまったので、会いたくても会えません。母の日にプレゼントを贈りたくても、お墓参りやお仏壇にお供えをして手を合わせることしかできません。でも・・きっと届いてますよね。思う気持ちは。思い出すって故人とつながることだから・・・。

母の日に母の四姉妹が集まって、祖母の墓参りに出掛ける姿を微笑ましく送り出します。行ってらっしゃい。

最後までお読みいただきありがとうございます。

◆介護現場で感じたことを書きました。よろしかったらお読みいただけると嬉しいです。
 ↓
母の日に高齢者へのプレゼントで喜ばれるものは何? 

-行事 イベント
-